内部

パソコンやサーバーなどで利用されるハードディスクは、昔から消耗品と言われています。
壊れることを前提として使用し、故障したら修理などには出さずに新しく買い替えるためそう呼ばれています。
しかし、大事に使用することで、ハードディスクの寿命は飛躍的に延びるほか、故障した時の復旧を請け負う専門業者も存在します。
ハードディスクは精密な電子機器であるため、熱やホコリに弱いという短所があります。
特に熱には弱く、高温下で使用し続けることは、電子部品の劣化が加速されるため、必然的に寿命が短くなります。
このため、サーバーやパソコンを設置している場所では、常に空調を使用し温度管理をするのが一般的です。
アクセス中の強制電源オフも、パソコンのハードディスクの故障原因として良く聞かれます。
これは、ファイルの書き込み中に電源をオフすることでファイルが壊れること、あるいはヘッドの退避が出来ないことによります。
前者の場合はソフト的な故障であるため、多くは簡単に復旧することができます。
後者の場合は、元々不安定な動作が見られていた場合、復旧が難しい場合があります。

パソコンのハードディスクの復旧は、状況により判断します。OSが起動しない場合は、まずはBIOSで認識可能かどうかを確認します。
認識されているようであれば、多くは他のパソコンに接続することで中身を見ることができるため、データのバックアップを取り、元の状態に戻せないようであれば、OSをインストールし直します。
BIOSで認識できない場合は、復旧専門業者に依頼するのが無難です。

書き込む

パソコンにおけるハードディスクでもっとも障害が多い事象は論理障害といわれるものです。
その代表的なの事象の一つは「データの消去」ではないでしょうか。
パソコン操作の誤りによりうっかりデータを消去してしまったパターンです。
またウイルスによるデータの消去、書き換えなどもその部類にはいります。
ハードディスク障害とは物理的に壊れた場合だけを指しません(物理的に壊れた場合は物理障害といわれます)。
ハードディスクに物理的に問題がなくてもデータがあってのパソコンですから復旧をしなくてはいけません。
方法はたくさんありますが、論理障害であることがハッキリとしていれば業者を介在しないで自分で復旧することができる可能性があります。
だからと言って独力でパソコンをいじりながら試みるのは進められません。
ハードディスクは精緻に組み上げたデバイスであり仕様も内容もよく知らないのでは更に状況を悪くするかもしれません。
このような論理障害の場合は「ソフトを使用して復旧する」を念頭におきましょう。
例えばインターネットから簡単にダウンロードできるフリーソフト(無料)も存在します。
特に良く使われるのは「ゴミ箱に入れたファイルを復旧」するフリーソフトです。
しかしそのようなシンプルな機能で復旧するデータではなくウイルス感染したデータをリカバリするものや、データを削除してから時間が相当経過したデータの復旧などができるソフトも存在します。
ただし高機能であるがゆえシェアウエア(有料)となっています。
ただ体験版も使えるシェアウエアもあるので、復旧に該当するような事象であればつかってみてはいかがでしょうか。

ハードディスクに記録しているデータにアクセスすることができなくなると、情報を失うことにもなりかねません。
ハードディスクの故障に対して、データを復旧するための手段が求められます。
ハードディスクの故障の傾向は違いがあり、一度で故障して動作しなくなる場合や、あるいは完全に故障するまでに兆候が表れる場合もあります。
そのため、パソコンのハードディスクの動作に異常が見られる場合には、使用を停止して内部のデータを復旧することに専念することが有効です。
まだ完全に故障していない記録機器であれば、内部から無事に復旧することができるデータも多くなります。
パソコン修理業者は、パソコンのハードディスクの復旧をサポートしてくれます。
機器に直接アクセスして、中の情報をできるだけ復旧する技術力を持っています。
完全に故障する前の普及作業が、貴重なデータの喪失を阻止する助けになります。
また、定期的にバックアップを取り、ディスクの故障に備えておくことも重要な対策方法です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031